新着情報

◆2015/07/29
の情報を更新しました。
◆2014/03/12
管理や運営を一任している管理人の情報を更新しました。
◆2014/03/12
当サイトへの意見・質問相談フォームを新規投稿しました。
◆2014/03/12
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/03/12
マンションに関する書類や個人に関する書類を新規投稿しました。

住宅ローンの借り換えを検討している人は、いつ借り換えた方がいいのか気になるかもしれません。
借り換えは得ができる場合には早く行った方がいいのですが、返済期間によっても借り換えをする時期が変わってきます。

借り換えをする際には返済期間が10年以上残っている事が条件とされています。
そのため借り換えを検討したときに10年以上返済期間がある場合には借り換えにいいタイミングだと言えるでしょう。
借り換えによって得をするために、返済期間は非常に重要な条件になります。
返済期間が10年以上のこっている場合には、毎月の支払いを3万円ほど減らす事ができるかもしれませんし、返済期間を短くする事ができるかもしれません。
毎月の返済額が2万円少なくなったとして、10年間返済期間があるとすると、240万円もの得をする事ができるのです。
そこから手数料などの諸費用を差し引いても、十分な得をする事ができます。
このように返済期間が長い方が、大きな得をする事ができる事がわかります。
そのための条件として返済期間が10年という事を考えておくといいでしょう。
もし返済期間が10年以上のこっている人は、一度借り換えを検討してもいいかもしれません。
金融機関のホームページを見てみると、住宅ローンシミュレーションをする事ができるようになっています。
借り換えを検討している人はぜひシミュレーションを行ってみるといいでしょう。
実際に数字になって表れてくると、検討を深める事ができます。

住宅ローンの借り換えができない場合

住宅ローンの借り換えは誰でもできるという事ではありません。
条件によっては住宅ローンの借り換えができない事もあります。

ここでは住宅ローンの借り換えができない場合を紹介していきましょう。
住宅ローンの借り換えは別の住宅ローンを新規に借り入れる事なので、新規に住宅ローンを借り入れる事ができないような状況のときには住宅ローンの借り換えをする事はできません。
そのため一定の収入がないと住宅ローンの借り換えはできません。
借り換え時には新規に契約するときよりも厳しい条件が設定されている事が多いので、いったん契約できていたとしても借り換えはできないという事もあります。
また、健康状態が悪い場合にも借り換えをする事ができません。
借り換えをする際には年齢が高くなっている事もあります。
場合によっては健康状態が良くないかもしれません。
そのような場合には住宅ローンの借り換えができない事もあります。
現在借りている住宅ローンの返済を延滞した記録がある場合にも借り換えができないかもしれませんね。
信用情報に傷がついていると住宅ローンを貸してくれません。
しっかりと返済をするようにしましょう。
借り換えとなると住宅は中古物件という事になります。
そのため担保評価が低くなっている可能性もあります。
そうなると担保割れが発生し、住宅ローンの契約ができないかもしれません。
借り換えといっても新規に住宅ローンを契約する事なので、審査に通過できなければ住宅ローンを借り換えできないという事は理解しておきましょう。